FC2ブログ
子供の病気には多種多様なものが有る。
未だに原因が解明されていない病気も在り、その中の1つに、「川崎病」と云う病気が有る。

メインの症状は発熱と嘔吐と下痢である。
熱は発症してから半日から1日レベルで下がるが、嘔吐は2日レベル、下痢は1週間ほどつづくるのだ。
1日に5、6回ほど激しく吐いたり、お米のとぎ汁のような白っぽい下痢便が出たりするのが特徴点的である。
便は1日に10回以上もでる事が在り、ぐったりして元気がなくなったり、脱水症状を起こしたりする事もあるので注意が必要である。

細菌性の肺炎も、乳幼児に少なくない肺炎である。
細菌性肺炎は、肺炎球菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、溶連菌等の細菌に感染する事に拠って生じる肺炎である。通常の風邪をひいていたり、インフルエンザに感染したりしているケースの場合に、細菌に二次感染する事で生じる事が少なくないようである。
重傷に成ると、あえぐように苦しそうになって呼吸困難に成る。顔色が悪いケースの場合はすぐに検診すべきだろう。

原因が把握できたら、それを除去してやる事で、症状を軽くし、発作の回数を消耗させる事が出きる。ほこりやダニの原因となるじゅうたんを除去したり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応しているケースの場合は、ペットを飼う事を控えたりと、出きる限りの事をして喘息に対処すべきだろう。



スポンサーサイト



05/05|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.