FC2ブログ
「溶連菌」を気付いているだろうか?
溶連菌は、「溶血性連鎖球菌」の略である。溶血性連鎖球菌が喉等に感染して生じる病気を纏めて(まとめて)溶連菌感染症とよんでいる。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

ペニシリン等の抗生物質を服用すれば、数日で回復してくが、症状が良くなったからと云って油断は禁物である。
溶連菌感染症は、抗生物質でガッツリ対処しておかないと、腎炎やリウマチ熱、紫斑病等の合併症が懸念される病気であるためす。
薬は、ドクターの指示のもと、10日ほど、ケースの場合に拠っては2週間レベル、キッチリと服用すべきだろう。治ったからと云って、勝手に服用をやめないようにして欲しい。

症状としては、目やにや涙がおおくでるようになり、まぶたの裏に出きる小水疱の為に目をシフトさせた時に、ゴロゴロした異和感をおぼえるのが特徴点的である。
患者(クランケ)の目やにや鼻水、便等からも感染する為、目やにを拭いたティッシュペーパー等はすぐに捨てるようにして、タオルや枕カバー等はガッツリと消毒して予防すべきだろう。



スポンサーサイト
04/28|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.