FC2ブログ
冬の下痢や嘔吐の原因となるウィルスは、7から8割がロタウィルスによるものだと云われている。生後5ヶ月から2才ごろまでの子供におおくみられる病気である。

一番少なくないのが細菌による結膜炎で、子供では、インフルエンザ菌や肺炎球菌等が原因で生じるケースの場合が少なくないのである。
症状は、白目が赤くなったり、目やにや涙がおおくなったりして、結膜がむくんだようにみえるように成る。目の様子がおかしいな、とおもったら、すぐに眼科を検診すべきだろう。

ウィルスによる結膜炎には、アデノウィルスが原因に為ってる流行性結膜炎や、エンテロウィルスが原因に為ってる急性出血性結膜炎等が有る。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

症状は2、3日で落ち着くが、熱は1週間レベルつづくるのだ。2日目までは熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がると云った2山のパターンが少なくないのも特徴点的である。
インフルエンザの方が症状が重くなり、合併症を生じさせると事もある為、インフルエンザが怪しまれるケースの場合は、すぐに医療機関を検診すべきだろう。




スポンサーサイト
04/27|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.