FC2ブログ
赤ちゃんや子供に少なくない皮膚の病気と云えば、あせもが有る。
大人に比較して、赤ちゃんや子供はとっても汗っかきである。
汗のかきやすい頭や首、背中等に赤くちっぽけなポツポツができ、汗をかくとしみて、ヒリヒリした痛みが有る。
汗をかいたらこまめに肌着を取り替えてあげて、シャワーやお風呂で綺麗に洗い流してあげよう。あせもをかきむしって悪化させないように、爪は短くしておこう。

一番少なくないのが細菌による結膜炎で、子供では、インフルエンザ菌や肺炎球菌等が原因で生じるケースの場合が少なくないのである。
症状は、白目が赤くなったり、目やにや涙がおおくなったりして、結膜がむくんだようにみえるように成る。目の様子がおかしいな、とおもったら、すぐに眼科を検診すべきだろう。

ウィルスによる結膜炎には、アデノウィルスが原因に為ってる流行性結膜炎や、エンテロウィルスが原因に為ってる急性出血性結膜炎等が有る。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗布したり、水ぶくれをガーゼで覆ったりする。このガーセで覆う仕事は、ヶ所が少なくないと途方もなくたいへのである。殊更に乳児のケースの場合は、じっとしていてくれないし、幼児にとってもガーゼをはっておく事は苦痛である。とびひは拡大してしまう前の早目の治療が肝心である。

抗生物質の内服も必要である。
塗り薬だけでは治らない為、ガッツリと飲ませよう。
数日すると乾燥してくが、治ったからと云って、あまり早く内服を中止すると再発するケースの場合が有る。最低1週間から10日以上は続けよう。

はしかは予防が第1である。
予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんがおおくかかる為、予防接種を受けていないケースの場合は、できる限り人ごみは敬遠するようにすべきだろう。
1才をすぎたら出きるだけ早く予防接種を受けるようにすべきだろう。
また、はしかの子と接触した事が把握できたら、4、5日以内にガンマグロブリンを注射すれば発病を防ぐ事が出きたり、軽症に済ませたりする事が出きる為、ドクターと対話してみて欲しい。



スポンサーサイト



04/26|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.