FC2ブログ
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

また、子供は風邪をひきやすいと云う事も、中耳炎になりやすい理由の1つである。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管をとおって中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけに成るのである。

お部屋を温かくして、湿度を上げる事も肝心である。
ウィルスを死滅させるのにベストな温度は20度から24度、湿度は60から70%である。
加湿器を使用しても良いのであるが、霧吹きスプレーで水を噴霧してやっても良いのである。
また、濡れタオルをお部屋に干しておいても効果的である。タオルを3枚くらい干しておくと湿度が50%レベルに成ると云われている。簡単に出きて良い方法である。

発熱してから2、3日までが一番感染しやすい時期である為、兄弟がいるケースの場合等、周囲の人は注意が必要である。予防為に、手洗いをガッツリと行うべきだ。患者のタオルは別にしておいた方が良いのである。
患者の便には、感染してから1ヶ月ほどウィルスがでている可能性が有る。
治ってからも暫く(しばらく)の間は、おむつ交換の時等、手に接触した後はガッツリと手洗いをしておく必要が有る。



スポンサーサイト



04/25|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.