FC2ブログ
「腸重積」と云う病気を気付いているだろうか?
生後4ヶ月から2歳ごろまでの子供に少なくない病気で、原因はよく把握できていないが、腸重責を起こした子供からは、風邪の症状を起こすアデノウィルスや、下痢の原因に成るロタウィルス等が検出される事がある為、ウィルス感染が原因じゃないかと考慮されている。
突如に腸の一部が腸の中に入り込んでしまい、めり込んだ腸が締め付けられて、通過障害や血行障害を起こす病気である。時間がたつと、その部分が壊死を起こしてしまう。

水泳の良いところは、やっぱり体が鍛え上げられると云う点である。
水の中で歩くだけでも、充分に全身運動に成ると云われている。
殊更に、運動した後に喘息の発作が生じやすい運動誘発喘息の子供には、体を鍛え上げておく事は肝心である。運動して筋力をアップさせておけば、発作の回数を少なくし、発作がおきても軽症に済ませる事が出きる。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

発熱してから2、3日までが一番感染しやすい時期である為、兄弟がいるケースの場合等、周囲の人は注意が必要である。予防為に、手洗いをガッツリと行うべきだ。患者のタオルは別にしておいた方が良いのである。
患者の便には、感染してから1ヶ月ほどウィルスがでている可能性が有る。
治ってからも暫く(しばらく)の間は、おむつ交換の時等、手に接触した後はガッツリと手洗いをしておく必要が有る。



スポンサーサイト
04/20|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.