FC2ブログ
子供が病気になった時、薬を飲ませる事に一苦労する人も少なくないのじゃないだろうか。中には大丈夫で飲んでくれる子供もいるようであるが、大人でも薬を呑み込む事は気持ちの良い事じゃないのである。子供が嫌がるのも無理ないのだ。
であるが、病気をガッツリ治すには、薬は必要不可欠である。
嫌がる時は、どう飲ませたら良いだろう。

症状は、発熱やせきであるが、他の肺炎と比較すると軽症で済むと思う。
発熱は高熱が1週間近くでるケースの場合も有るが、発熱しないケースの場合も有る。
せきは長くつづくるのだ。初めは乾いたせきであるが、次第にたんが絡んだせきに変わっていくのだ。
くしゃみや咳で感染する為、園や学校等で流行したり、家族の間でも感染したりしやすい為、手洗いやうがいをして予防すべきだろう。

急性中耳炎に成ると、まず耳を痛がり、熱がでる事も有る。
赤ちゃんのケースの場合は耳の痛みを訴える事が出きない為、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりする等、何時もと様子がちがうな?とおもったら中耳炎を怪しんでも良いかも知れない。
症状が進展すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれがでる事も在り、そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がるが、中耳炎が治った訳でもないので注意が必要である。

「突如死」と聴くと恐ろしくなる。
であるが、現状では後遺症の検査方法や治療法も吟味され、以前ほど恐ろしい病気ではなく成った。
川崎病にかかっても慌てる事なく、信用出きる病院で治療し、退院後も継続的に検査を受けるようにすべきだろう。



スポンサーサイト
04/03|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.