FC2ブログ
子供が病気になった時、薬を飲ませる事に一苦労する人も少なくないのじゃないだろうか。中には大丈夫で飲んでくれる子供もいるようであるが、大人でも薬を呑み込む事は気持ちの良い事じゃないのである。子供が嫌がるのも無理ないのだ。
であるが、病気をガッツリ治すには、薬は必要不可欠である。
嫌がる時は、どう飲ませたら良いだろう。

通常の風邪は多種多様なウィルスが喉や鼻等から感染する事に拠って生じる、鼻の穴から喉の奥までの炎症の事で、感染は殆ど接触感染である。患者(クランケ)が鼻や鼻水を接触した手等に接触する事により感染し、潜伏期間は4、5日レベルである。
症状は次第に重くなっていき、熱は37度代から38度代で、鼻水や咳等の症状が有る。鼻水は透明感があるのが特徴点的である。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗布したり、水ぶくれをガーゼで覆ったりする。このガーセで覆う仕事は、ヶ所が少なくないと途方もなくたいへのである。殊更に乳児のケースの場合は、じっとしていてくれないし、幼児にとってもガーゼをはっておく事は苦痛である。とびひは拡大してしまう前の早目の治療が肝心である。

抗生物質の内服も必要である。
塗り薬だけでは治らない為、ガッツリと飲ませよう。
数日すると乾燥してくが、治ったからと云って、あまり早く内服を中止すると再発するケースの場合が有る。最低1週間から10日以上は続けよう。

おむつかぶれに類似した症状の皮膚病に、カンジダ皮膚炎が有る。
カンジダと云うカビが繁殖して生じる皮膚病で、おむつかぶれと類似したような症状であるためすが、周囲に膿をもった発疹があったり、皮が薄くむけていたりする。
なかなかどうして治らないおむつかぶれは、カンジダ皮膚炎かも知れない。
カンジダ皮膚炎はおむつかぶれ用の薬を塗布していると、かえって悪化させてしまうケースの場合もあるので注意が必要である。
抗真菌剤のカンジダ専用の薬を塗り、おむつかぶれの時と同じく、おしりの清潔と乾燥を心がけよう。



スポンサーサイト
04/02|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.