FC2ブログ
子供が発熱すると、まず風邪を怪しむとおもうが、鼻水やせき等、一般的な風邪の症状がない時の発熱は、尿路感染症を怪しむ必要が有る。

尿路感染症とは、尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道等に大腸菌等の細菌が感染して、炎症を起こす病気である。
炎症を起こした場所に拠って、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎等とよぶが、赤ちゃんのケースの場合は感染した場所を特定出きない事も少なくない為、纏めて(まとめて)尿路感染症とよんでいる。

大人や子供の膀胱炎には排尿をした時の痛みや残尿感、腎盂腎炎には腰痛や高熱が有るが、乳幼児の尿路感染症には、ハッキリした症状はないのだ。
風邪の症状がなく、原因不明の発熱がつづくケースの場合は、尿路感染症を怪しんで診察を受けよう。
病院では、尿検査を受ける事に成る。ただ、赤ちゃんのケースの場合は尿をとるのはむずかしいのである。そのケースの場合は、おちんちんや外陰部に専用のパックを貼っておき、おしっこをするのを待つ事に成る。

急性中耳炎に成ると、まず耳を痛がり、熱がでる事も有る。
赤ちゃんのケースの場合は耳の痛みを訴える事が出きない為、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりする等、何時もと様子がちがうな?とおもったら中耳炎を怪しんでも良いかも知れない。
症状が進展すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれがでる事も在り、そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がるが、中耳炎が治った訳でもないので注意が必要である。

家庭での予防法としては、水分をおおくとる事、おしっこをガマンさせない事、等が有る。
女の子は、排尿後のふき方も気を付けよう。
絶対に前から後ろへ、菌を入れないように、と云う気持ちで綺麗にしてあげる事が肝心である。



スポンサーサイト



04/01|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.