FC2ブログ
中耳炎には多種多様な種類が有るが、子供の難聴の原因となる1番おおくの病気が滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と云うものである。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔と云う部分に滲出液と云う液体がたまる病気である。3才から10才ごろの子供と老人におおくみられる病気で、鼓膜のすぐ内部にうみがたまる急性中耳炎とちがい、痛みや高熱がないのが特徴点的である。
鼓膜のふるえが鈍くなる為、耳の中がつまったように聴こえにくくなるが、子供は少しくらい難聴では自身から訴えてくる事が多くはない為、発見が遅くなりがちである。
後ろからよんでも返事をしなかったり、テレビの音を大幅にして観たりしているケースの場合は注意が必要である。

発疹にかゆみを結びつく事が在り、かゆみがつよい時はかゆみ止めの薬を使用するが、それ以外に殊更に治療法はないのだ。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫である。
発疹がでて、りんご病だと把握できた時には、既に感染力はなく為ってる為、園や学校等も休む必要はないのだ。

流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼称される為、感染力が途方もなくつよい病気である。流行性結膜炎と診察されたケースの場合は、園や学校を休ませる必要が有る。大人も感染する事がある為、家族全員がかかってしまうケースの場合も有る。赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、重傷の結膜炎に成るので注意が必要である。

であるが成人では、60から70%の人が抗体をもってると云われている。症状はなくても興味ないうちに免疫が出きていると云う人も少なくないと云うわけである。であるからそれほど懸念する必要はないかも知れないが、自身が抗体をもってるか、ハッキリ把握出きる事が出きない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかってる子供と接触したりしたケースの場合は、産婦人科で対話するようにして欲しい。



スポンサーサイト
03/24|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.