FC2ブログ
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

症状としてはくしゃみや鼻水、せき等が在り、熱も出るが、通常は3、4日で熱は下がって、1週間もすれば症状は良くなる。
38度以上の熱が4日以上つづくケースの場合は、風邪以外の病気も疑惑、絶対に検診すべきだろう。

ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」に拠ってうつる。咳やくしゃみで簡単にうつってしまう為、風邪が流行ってる時期は、人が集まる場所を敬遠する事が1番の予防法に成る。

1日の中で1番風邪を引きやすいのは夜中である。
朝子供がおきてきたら、急に体調が変化していた、なんて事は良く有る。
夜中(2時から4時頃)は、体が乾燥してウィルスが増殖しやすい時間であるためす。
寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと効果的である。
目が覚めたら水分をとれるように、枕元にお水等を置いておいても良いのである。

毎日の少しばっかりの事で、簡単に出きる予防法。
子供と一緒にパパやママもガッツリやっておき、風邪の季節も楽しく過ごせるようにすべきだろう。



スポンサーサイト
03/18|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.