FC2ブログ
子供がかかりやすい代表的な夏風邪と云えば、「ヘルパンギーナ」である。
1才前後から10才までのちっぽけな子供におおくみられる病気で、4才までに70%もの子供が感染すると云われている。殆どはエンテロウィルスの飛沫感染によるものであるが、流行性のものは、A群コクサッキーウイルスによるものである。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みたいと思う。
38度から39度の熱がでる事も有る。
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってくのである。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



スポンサーサイト



03/17|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.