FC2ブログ
子供にとって、1番身近な病気と云えば「風邪」である。
「風邪」と呼称されるものは、殆どが、鼻や喉にウィルスが感染して炎症を起こしている状態の事を云う。

また、子供は風邪をひきやすいと云う事も、中耳炎になりやすい理由の1つである。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管をとおって中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけに成るのである。

発作が生じてしまった時に、お家でのケアの仕方もおぼえておこう。
体を横にして寝かせると苦しくなる為、座らせたり、背中に布団等を入れたりして出きるだけ上体を高い部分にキープするようにする。
水分も少しずつあたえるようにして欲しい。
お風呂には入っても良いのであるが、体を温めると発作が酷く(ひどく)なるケースの場合が有る。
お風呂は短時間に、体に負担のかからないレベルにしておこう。

はしかは予防が第1である。
予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんがおおくかかる為、予防接種を受けていないケースの場合は、できる限り人ごみは敬遠するようにすべきだろう。
1才をすぎたら出きるだけ早く予防接種を受けるようにすべきだろう。
また、はしかの子と接触した事が把握できたら、4、5日以内にガンマグロブリンを注射すれば発病を防ぐ事が出きたり、軽症に済ませたりする事が出きる為、ドクターと対話してみて欲しい。



スポンサーサイト



02/29|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.