FC2ブログ
りんご病は、ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスの感染による病気で、個人差は有るが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前もしくは名称が付きた。
初夏から秋にかけて、5才から9才の子供がかかりやすい病気であるが、大人になってからでもかかる事も有る。

潜伏期間は約1週間である。其の後、軽い発熱や倦怠感、筋肉痛等が生じる事が有る。風邪かな?と実感する事がおおく、この時点ではりんご病とは気付かないのであるが、実はこの時期が感染力が1番つよい時期であるためす。

其の後、両頬にりんごのように赤い発疹がでてくのである。発疹は腕や足にも出はじめて、レース状や網目状に成る。其の後、1、2週間で発疹は治まってくのである。

水泳の良いところは、やっぱり体が鍛え上げられると云う点である。
水の中で歩くだけでも、充分に全身運動に成ると云われている。
殊更に、運動した後に喘息の発作が生じやすい運動誘発喘息の子供には、体を鍛え上げておく事は肝心である。運動して筋力をアップさせておけば、発作の回数を少なくし、発作がおきても軽症に済ませる事が出きる。

症状としてはくしゃみや鼻水、せき等が在り、熱も出るが、通常は3、4日で熱は下がって、1週間もすれば症状は良くなる。
38度以上の熱が4日以上つづくケースの場合は、風邪以外の病気も疑惑、絶対に検診すべきだろう。

ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」に拠ってうつる。咳やくしゃみで簡単にうつってしまう為、風邪が流行ってる時期は、人が集まる場所を敬遠する事が1番の予防法に成る。

腸重責は、なんと云っても早期発見が決め手である。
腸重責の腹痛は通常の腹痛とはくらべものにならない程である為、突如のたうちまわって腹痛を訴えたり、くりかえし泣くようであれば、大至急に病院に連れていこう。



スポンサーサイト
02/26|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.