FC2ブログ
はしかは感染力が途方もなくつよく、かかると重傷化する事のある、ちっぽけな子供がかかると懸念な病気の1つである。

潜伏期間は10から12日で、咳やくしゃみ等の飛沫感染が主であるが、空気感染する事もあるので人ごみ等でも簡単に感染してしまう。

38度前後の熱とくしゃみ、鼻水やせき、目やに等、風邪と同じような症状から開始する。
2、3日たつと云ったん熱は下がって、ほほの内部にコプリック斑と呼称される周囲が赤いちっぽけな白いポツポツが数個から数十個出きる。
更に半日すると、再び39から40度の高熱がでて、耳の後ろや顔に赤い発疹が出る。発疹は胸やお腹、背中から手足へと、2、3日かけて全身に拡大していくのだ。
発疹は、初めは4、5㎜レベルで、赤くて丸いものであるが、次第に発疹同士がくっついてくるように成る。発疹が足先にまで拡大すると、2日ほどで熱が下がる。

症状としては、以下のような事が有る。
・39度以上の高熱が5日以上つづく
・体のあちこちに発疹がでる
・手や足がパンパンにはれる
・白目が充血する
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツが出きる
・首のリンパ節がはれて、接触すると痛がる

これらの症状は、通常1、2週間で治まり、次に手足の指の皮がむけてくのである。
注意したいのは後遺症で、心臓に障害が残ってしまうケースの場合があったり、ごくまれに心臓冠状動脈瘤がおきて、突如死してしまったりするケースの場合があったりする。
入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐ為にアスピリン等を服用する必要が有る。

とびひは、初めてかかる人は、とびひだと気付かないケースの場合も少なくないものである。
水ぶくれやかさぶたを何だろう?とおもって絆創膏で対処をして、反対に菌が増殖しやすい環境にしてしまう事も少なくないのである。

夏場の皮膚疾患には殊更に気を付け、おかしいな?とおもったら早目にドクターの診察を受けるようにすべきだろう。



スポンサーサイト
02/24|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.