FC2ブログ
子供が病気になった時、薬を飲ませる事に一苦労する人も少なくないのじゃないだろうか。中には大丈夫で飲んでくれる子供もいるようであるが、大人でも薬を呑み込む事は気持ちの良い事じゃないのである。子供が嫌がるのも無理ないのだ。
であるが、病気をガッツリ治すには、薬は必要不可欠である。
嫌がる時は、どう飲ませたら良いだろう。

虫さされや湿疹、あせも、傷口等に黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染して、水ぶくれやかさぶたを作成する。
途方もなくかゆい為、かきむしってると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して次々に新しい水ぶくれをつくっていくのである。

虫刺されやあせもが出きやすく、湿疹が悪化しやすい夏に少なくない皮膚病であるが、近頃では1年を通してみられるように成った。

菌のついた手で他の子供に接触したり、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまう為、注意が必要である。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

家庭での予防法としては、水分をおおくとる事、おしっこをガマンさせない事、等が有る。
女の子は、排尿後のふき方も気を付けよう。
絶対に前から後ろへ、菌を入れないように、と云う気持ちで綺麗にしてあげる事が肝心である。



スポンサーサイト
02/04|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.