FC2ブログ
肺炎は、息を吸った時に肺炎の菌が気管支の先端の肺胞にまで到達して、炎症を起こしてしまった状態の事をいう。
老人がかかると、死に至る事のある恐ろしい病気であるが、ちっぽけな子供がかかった時も注意が必要である。

「肺炎」には、細菌性のものやウイルス性のもの等、多種多様な種類が有るが、子供に少なくない肺炎は「マイコプラズマ肺炎」である。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエと云う病原体に感染する事で生じる肺炎で5歳から10歳の子供におおくみられる。

風邪のウィルスは、250種類以上もある為、1度風邪にかかっても、またちがったウィルスに感染すれば何回でもひいてしまう。
赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母様の免疫がある為に、風邪をひきにくいのであるが、絶対にひかないと云う訳でもないのだ。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいる。高熱が出たケースの場合は注意が必要であるが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と懸念する必要はないのだ。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのである。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



スポンサーサイト
02/01|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.