FC2ブログ
子供の病気には多種多様なものが有るが、毎年決定して流行する、気を付けなければいけない病気に「インフルエンザ」が有る。
ちっぽけな子供やお年寄りは、インフルエンザから命にかかわる病気に成る事もある為、注意が必要である。

インフルエンザと通常の風邪はどうちがうの?と疑惑におもう方もいるとおもうが、風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状等、大幅にちがう。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みたいと思う。
38度から39度の熱がでる事も有る。
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってくのである。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



スポンサーサイト
01/31|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.