FC2ブログ
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

通常の風邪は多種多様なウィルスが喉や鼻等から感染する事に拠って生じる、鼻の穴から喉の奥までの炎症の事で、感染は殆ど接触感染である。患者(クランケ)が鼻や鼻水を接触した手等に接触する事により感染し、潜伏期間は4、5日レベルである。
症状は次第に重くなっていき、熱は37度代から38度代で、鼻水や咳等の症状が有る。鼻水は透明感があるのが特徴点的である。

ペニシリン等の抗生物質を服用すれば、数日で回復してくが、症状が良くなったからと云って油断は禁物である。
溶連菌感染症は、抗生物質でガッツリ対処しておかないと、腎炎やリウマチ熱、紫斑病等の合併症が懸念される病気であるためす。
薬は、ドクターの指示のもと、10日ほど、ケースの場合に拠っては2週間レベル、キッチリと服用すべきだろう。治ったからと云って、勝手に服用をやめないようにして欲しい。

ヨーグルトやゼリー、ジャム、プリン、ムース等がお勧めであるが、1番のお勧めはアイスクリームである。
アイスクリームの冷たい喉ごしも良いのであるし、濃厚なクリームの味わいで薬の苦さが改善出きる。
普段は子供にあたえない、ちょっと高価なハーゲンダッツ等のアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜ぶ。
是が非でも試してみて欲しい。



スポンサーサイト
01/30|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.