FC2ブログ
おたふく風邪はその名の通り、おたふくのような顔に成る、子供に少なくない病気である。

おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して生じる病気で、潜伏期間は2週間レベルである。
感染力はおもったより弱く、感染しても症状が出ない、不顕性感染のケースの場合も有る。殊更に1才以下の乳児には不顕性感染が少なくないと云われていて、3から10才の子供に発症するケースの場合が少なくない病気である。

症状は、発熱やせきであるが、他の肺炎と比較すると軽症で済むと思う。
発熱は高熱が1週間近くでるケースの場合も有るが、発熱しないケースの場合も有る。
せきは長くつづくるのだ。初めは乾いたせきであるが、次第にたんが絡んだせきに変わっていくのだ。
くしゃみや咳で感染する為、園や学校等で流行したり、家族の間でも感染したりしやすい為、手洗いやうがいをして予防すべきだろう。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなるが、解熱剤は熱が38.5分以上あり元気がない時のみ使用するようにすべきだろう。インフルエンザウィルスは熱が高い時におおく死滅する。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまう。解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用すべきだろう。平熱まで下げるのは良くないのだ。解熱剤が効きすぎているケースの場合は、次に使用する時は量を減らしてアレンジするようにすべきだろう。
解熱剤はできる限り使用しないほうが良い薬、と考慮しておいた方が良いのである。

患者の便や嘔吐物の処理をする時には、充分な注意が必要である。
ロタウィルスは途方もなく感染力がつよいウィルスである。10個以下のウィルスでもつよい感染力が有る。患者の便や嘔吐物の中には多量のウィルスが含有されている為、処理をした後にはガッツリと手洗いをしておこう。
また、下痢の症状がなくなった後も、患者の便中にはウィルスの排出が暫く(しばらく)の間つづいている。症状が治まった後も引き続き注意して、手洗いをガッツリ行って欲しい。



スポンサーサイト



01/29|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.