FC2ブログ
子供の目の病気で一番少なくないのが「結膜炎」である。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る任務をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分類される。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

症状は2、3日で落ち着くが、熱は1週間レベルつづくるのだ。2日目までは熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がると云った2山のパターンが少なくないのも特徴点的である。
インフルエンザの方が症状が重くなり、合併症を生じさせると事もある為、インフルエンザが怪しまれるケースの場合は、すぐに医療機関を検診すべきだろう。




スポンサーサイト



01/24|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.