FC2ブログ
はしかは感染力が途方もなくつよく、かかると重傷化する事のある、ちっぽけな子供がかかると懸念な病気の1つである。

潜伏期間は10から12日で、咳やくしゃみ等の飛沫感染が主であるが、空気感染する事もあるので人ごみ等でも簡単に感染してしまう。

流行する型はハッキリ把握出きる事が出きないのに、予防接種は効果的なの?と疑惑におもう人もいるかとおもうが、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予測して造られている為、現実の型と合致しなくても症状を軽くする効果が有る。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではなく、感染してもおもったより軽く済む事が少なくない為、殊更に接種する必要はないかとおもう。

13才までの子供は、ワクチンを2回接種しておく必要が有る。ワクチン接種後、2週間したら効果が現れてくる為、2回目の接種は12月上旬までには済ませておいた方が良いのである。接種間隔は3週間か4週間が効果的である為、1回目は11月中に済ませておこう。
シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してくのである。
人気のある病院等は、すぐに予約が一杯に成る為、接種を考慮しているケースの場合は早目の予約がお勧めである。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



スポンサーサイト



01/22|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.