FC2ブログ
「水ぼうそう」は、子供の病気の中でも途方もなく感染力がつよい病気で、肌が接触したり、水ぼうそうにかかってる子供とすれちがったりしただけでも感染してしまうほどである。
生後間もない赤ちゃんにもうつる可能性が在り、兄弟や姉妹の間では、まず感染すると考慮して良いだろう。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗布したり、水ぶくれをガーゼで覆ったりする。このガーセで覆う仕事は、ヶ所が少なくないと途方もなくたいへのである。殊更に乳児のケースの場合は、じっとしていてくれないし、幼児にとってもガーゼをはっておく事は苦痛である。とびひは拡大してしまう前の早目の治療が肝心である。

抗生物質の内服も必要である。
塗り薬だけでは治らない為、ガッツリと飲ませよう。
数日すると乾燥してくが、治ったからと云って、あまり早く内服を中止すると再発するケースの場合が有る。最低1週間から10日以上は続けよう。

衣服をゆるめてやり、出きれば腹式呼吸でゆっくり深呼吸させる。
腹式呼吸が上手く出きない時は、背中や腰をさすってあげて、呼吸を整えさせてあげよう。

それでも発作がおさまらない時は、すぐに病院を検診して欲しい。



スポンサーサイト
01/18|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.