FC2ブログ
子供の喘息の数は年々増大しており、発作を起こすと呼吸困難に成る事も在り、気を付けておきたい病気の1つである。

子供の喘息の原因の殆どはアレルギーによる為、ハウスダストやカビ、ペットの毛、花粉等に対するアレルギーが有るが、これらに接触した時に毎回発作がおきるとは限らない。
その時の子供の体調や環境に拠って、発作がおきやすい環境が有る。

風邪のウィルスは、250種類以上もある為、1度風邪にかかっても、またちがったウィルスに感染すれば何回でもひいてしまう。
赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母様の免疫がある為に、風邪をひきにくいのであるが、絶対にひかないと云う訳でもないのだ。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいる。高熱が出たケースの場合は注意が必要であるが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と懸念する必要はないのだ。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのである。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなるが、解熱剤は熱が38.5分以上あり元気がない時のみ使用するようにすべきだろう。インフルエンザウィルスは熱が高い時におおく死滅する。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまう。解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用すべきだろう。平熱まで下げるのは良くないのだ。解熱剤が効きすぎているケースの場合は、次に使用する時は量を減らしてアレンジするようにすべきだろう。
解熱剤はできる限り使用しないほうが良い薬、と考慮しておいた方が良いのである。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



スポンサーサイト



01/17|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.