FC2ブログ
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

家庭での予防法としては、水分をおおくとる事、おしっこをガマンさせない事、等が有る。
女の子は、排尿後のふき方も気を付けよう。
絶対に前から後ろへ、菌を入れないように、と云う気持ちで綺麗にしてあげる事が肝心である。



スポンサーサイト
01/15|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.