FC2ブログ
子供の病気には多種多様なものが有るが、毎年決定して流行する、気を付けなければいけない病気に「インフルエンザ」が有る。
ちっぽけな子供やお年寄りは、インフルエンザから命にかかわる病気に成る事もある為、注意が必要である。

インフルエンザと通常の風邪はどうちがうの?と疑惑におもう方もいるとおもうが、風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状等、大幅にちがう。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

子供の喘息は大人のものとは病態がちがい、その原因の殆どはアレルギーによるものである。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食物、動物の毛等にアレルギー反応を示している子供がおおく、喘息の症状が生じた時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どんなものにアレルギー反応があるのかを吟味する必要が有る。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



スポンサーサイト
02/06|日記||TOP↑
子供が病気になった時、薬を飲ませる事に一苦労する人も少なくないのじゃないだろうか。中には大丈夫で飲んでくれる子供もいるようであるが、大人でも薬を呑み込む事は気持ちの良い事じゃないのである。子供が嫌がるのも無理ないのだ。
であるが、病気をガッツリ治すには、薬は必要不可欠である。
嫌がる時は、どう飲ませたら良いだろう。

虫さされや湿疹、あせも、傷口等に黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染して、水ぶくれやかさぶたを作成する。
途方もなくかゆい為、かきむしってると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して次々に新しい水ぶくれをつくっていくのである。

虫刺されやあせもが出きやすく、湿疹が悪化しやすい夏に少なくない皮膚病であるが、近頃では1年を通してみられるように成った。

菌のついた手で他の子供に接触したり、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまう為、注意が必要である。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

家庭での予防法としては、水分をおおくとる事、おしっこをガマンさせない事、等が有る。
女の子は、排尿後のふき方も気を付けよう。
絶対に前から後ろへ、菌を入れないように、と云う気持ちで綺麗にしてあげる事が肝心である。



02/04|日記||TOP↑
子供がかかりやすい夏風邪には多種多様なものが有るが、その中の1つに「手足口病」と云う病気が有る。
手足口病の原因となるウィルスは1種類ではなく、コクサッキーA郡ウィルスや、エンテロウィルス等、複数のウィルスが有る。この為、1度だけでなく、何回も感染してしまう事がある病気である。
10歳以下の乳幼児や小児によくみられる病気であるが、大人でも感染する事が有る。

症状は、凄い腹痛が生じる為、突如ひきつけるように泣き叫ぶ。顔面蒼白になったり、嘔吐したりする事もあるので驚嘆してしまうが、痛みは2、3分で治まる為、すぐにケロッとして何事もなかったかのように成る。であるが再び腹痛におそわれて泣き叫び、これを30分ほどくりかえする。
血便がでるのも特徴点的な症状である。
初めはうんちに少量の血が混じるレベルであるが、しだいに量が増大していき、ケチャップのような血便がでる事も有る。

発作が生じてしまった時に、お家でのケアの仕方もおぼえておこう。
体を横にして寝かせると苦しくなる為、座らせたり、背中に布団等を入れたりして出きるだけ上体を高い部分にキープするようにする。
水分も少しずつあたえるようにして欲しい。
お風呂には入っても良いのであるが、体を温めると発作が酷く(ひどく)なるケースの場合が有る。
お風呂は短時間に、体に負担のかからないレベルにしておこう。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



02/03|日記||TOP↑
肺炎は、息を吸った時に肺炎の菌が気管支の先端の肺胞にまで到達して、炎症を起こしてしまった状態の事をいう。
老人がかかると、死に至る事のある恐ろしい病気であるが、ちっぽけな子供がかかった時も注意が必要である。

「肺炎」には、細菌性のものやウイルス性のもの等、多種多様な種類が有るが、子供に少なくない肺炎は「マイコプラズマ肺炎」である。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエと云う病原体に感染する事で生じる肺炎で5歳から10歳の子供におおくみられる。

風邪のウィルスは、250種類以上もある為、1度風邪にかかっても、またちがったウィルスに感染すれば何回でもひいてしまう。
赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母様の免疫がある為に、風邪をひきにくいのであるが、絶対にひかないと云う訳でもないのだ。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいる。高熱が出たケースの場合は注意が必要であるが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と懸念する必要はないのだ。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのである。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



02/01|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.