FC2ブログ
中耳炎には多種多様な種類が有るが、子供の難聴の原因となる1番おおくの病気が滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と云うものである。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔と云う部分に滲出液と云う液体がたまる病気である。3才から10才ごろの子供と老人におおくみられる病気で、鼓膜のすぐ内部にうみがたまる急性中耳炎とちがい、痛みや高熱がないのが特徴点的である。
鼓膜のふるえが鈍くなる為、耳の中がつまったように聴こえにくくなるが、子供は少しくらい難聴では自身から訴えてくる事が多くはない為、発見が遅くなりがちである。
後ろからよんでも返事をしなかったり、テレビの音を大幅にして観たりしているケースの場合は注意が必要である。

症状は、発熱やせきであるが、他の肺炎と比較すると軽症で済むと思う。
発熱は高熱が1週間近くでるケースの場合も有るが、発熱しないケースの場合も有る。
せきは長くつづくるのだ。初めは乾いたせきであるが、次第にたんが絡んだせきに変わっていくのだ。
くしゃみや咳で感染する為、園や学校等で流行したり、家族の間でも感染したりしやすい為、手洗いやうがいをして予防すべきだろう。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



スポンサーサイト



01/20|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.