FC2ブログ
子供の病気には多種多様なものが有るが、毎年決定して流行する、気を付けなければいけない病気に「インフルエンザ」が有る。
ちっぽけな子供やお年寄りは、インフルエンザから命にかかわる病気に成る事もある為、注意が必要である。

インフルエンザと通常の風邪はどうちがうの?と疑惑におもう方もいるとおもうが、風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状等、大幅にちがう。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みたいと思う。
38度から39度の熱がでる事も有る。
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってくのである。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



スポンサーサイト
01/31|日記||TOP↑
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

通常の風邪は多種多様なウィルスが喉や鼻等から感染する事に拠って生じる、鼻の穴から喉の奥までの炎症の事で、感染は殆ど接触感染である。患者(クランケ)が鼻や鼻水を接触した手等に接触する事により感染し、潜伏期間は4、5日レベルである。
症状は次第に重くなっていき、熱は37度代から38度代で、鼻水や咳等の症状が有る。鼻水は透明感があるのが特徴点的である。

ペニシリン等の抗生物質を服用すれば、数日で回復してくが、症状が良くなったからと云って油断は禁物である。
溶連菌感染症は、抗生物質でガッツリ対処しておかないと、腎炎やリウマチ熱、紫斑病等の合併症が懸念される病気であるためす。
薬は、ドクターの指示のもと、10日ほど、ケースの場合に拠っては2週間レベル、キッチリと服用すべきだろう。治ったからと云って、勝手に服用をやめないようにして欲しい。

ヨーグルトやゼリー、ジャム、プリン、ムース等がお勧めであるが、1番のお勧めはアイスクリームである。
アイスクリームの冷たい喉ごしも良いのであるし、濃厚なクリームの味わいで薬の苦さが改善出きる。
普段は子供にあたえない、ちょっと高価なハーゲンダッツ等のアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜ぶ。
是が非でも試してみて欲しい。



01/30|日記||TOP↑
おたふく風邪はその名の通り、おたふくのような顔に成る、子供に少なくない病気である。

おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して生じる病気で、潜伏期間は2週間レベルである。
感染力はおもったより弱く、感染しても症状が出ない、不顕性感染のケースの場合も有る。殊更に1才以下の乳児には不顕性感染が少なくないと云われていて、3から10才の子供に発症するケースの場合が少なくない病気である。

症状は、発熱やせきであるが、他の肺炎と比較すると軽症で済むと思う。
発熱は高熱が1週間近くでるケースの場合も有るが、発熱しないケースの場合も有る。
せきは長くつづくるのだ。初めは乾いたせきであるが、次第にたんが絡んだせきに変わっていくのだ。
くしゃみや咳で感染する為、園や学校等で流行したり、家族の間でも感染したりしやすい為、手洗いやうがいをして予防すべきだろう。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなるが、解熱剤は熱が38.5分以上あり元気がない時のみ使用するようにすべきだろう。インフルエンザウィルスは熱が高い時におおく死滅する。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまう。解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用すべきだろう。平熱まで下げるのは良くないのだ。解熱剤が効きすぎているケースの場合は、次に使用する時は量を減らしてアレンジするようにすべきだろう。
解熱剤はできる限り使用しないほうが良い薬、と考慮しておいた方が良いのである。

患者の便や嘔吐物の処理をする時には、充分な注意が必要である。
ロタウィルスは途方もなく感染力がつよいウィルスである。10個以下のウィルスでもつよい感染力が有る。患者の便や嘔吐物の中には多量のウィルスが含有されている為、処理をした後にはガッツリと手洗いをしておこう。
また、下痢の症状がなくなった後も、患者の便中にはウィルスの排出が暫く(しばらく)の間つづいている。症状が治まった後も引き続き注意して、手洗いをガッツリ行って欲しい。



01/29|日記||TOP↑
おたふく風邪はその名の通り、おたふくのような顔に成る、子供に少なくない病気である。

おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して生じる病気で、潜伏期間は2週間レベルである。
感染力はおもったより弱く、感染しても症状が出ない、不顕性感染のケースの場合も有る。殊更に1才以下の乳児には不顕性感染が少なくないと云われていて、3から10才の子供に発症するケースの場合が少なくない病気である。

突如39度の高熱がでて、のどの奥にちっぽけな水ぶくれがたくさん出きる。
水ぶくれが破れて潰瘍になり、痛いので機嫌が悪くなる事が少なくないのが特徴点的である。
よだれがたくさんでるようになり、飲んだり口にしたりもしにくくなる。
熱は2、3日で下がるのであるが、水ぶくれが治まるのは1週間ほどかかる為、暫く(しばらく)は不機嫌な状態がつづくかも知れない。

特効薬はなく、自然に治る病気であるためすが、高熱がでる事も在り、お家では水分の補給に心がけよう。また、すっぱいものや、しみるものは敬遠して、刺激の多くはない口当たりの良い食物をあたえてあげて欲しい。食欲がなくても、水分だけはとらせるようにすべきだろう。

レベルが軽いケースの場合は、薬による治療や、鼻から耳に空気を送りこむ対処等で対処するが、聞こえが悪く為ってるケースの場合は、鼓膜切開術と云う手術を実践する必要が有る。
手術と聴くとどたぶんしてしまうが、殆ど痛みを実感する事なく、簡単な手術である。鼓膜の一部を切開し、内部にたまってる滲出液を吸い出して、中耳の風通しを一時的に良くしてやる。
鼓膜の穴は数日たてば自然に閉じるし、其の後も手術に拠って悪い影響がでると云う事もないのだ。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



01/28|日記||TOP↑
子供がかかりやすい夏風邪には多種多様なものが有るが、その中の1つに「手足口病」と云う病気が有る。
手足口病の原因となるウィルスは1種類ではなく、コクサッキーA郡ウィルスや、エンテロウィルス等、複数のウィルスが有る。この為、1度だけでなく、何回も感染してしまう事がある病気である。
10歳以下の乳幼児や小児によくみられる病気であるが、大人でも感染する事が有る。

赤ちゃんがかかる事は少なく、幼児から小学生くらいの子供の間で流行する病気である。
症状は、喉の痛みと38度以上の高熱で、通常の風邪のような咳や鼻水等はないのだ。喉が真っ赤にはれて、1、2日たつと、全身に赤い発疹がでてくのである。舌にも発疹ができ、いちごのように赤くなるのが特徴点的である。

以前は「猩紅(しょうこう)熱」と呼ばれ、伝染病の扱いをされていた病気であるが、現状では抗生物質が開発されて薬で治るようになった為、このような扱いはされなく成った。

子供の喘息は大人のものとは病態がちがい、その原因の殆どはアレルギーによるものである。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食物、動物の毛等にアレルギー反応を示している子供がおおく、喘息の症状が生じた時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どんなものにアレルギー反応があるのかを吟味する必要が有る。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



01/26|日記||TOP↑
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症する事がおおく、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走る、等の意識障害が起こり、痙攣を結びつくケースの場合も有る。熱性けいれんや高熱時のうわごと等との分類が付けにくいのであるが、症状の重さや持続時間等で分類されている。
回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまう事が在り、恐い病気であるが、現状の段階では根本的な治療法はない、と云うのが実情である。

発病してから、24時間以内であれば、肛門から造影剤や空気等を注入する高圧浣腸をすれば、殆どのケースの場合治る。
発病から24時間以上たってるケースの場合や、重傷のケースの場合には手術が必要に成る事が有る。また、腸重責を起こした赤ちゃんの10人に1人が、再発すると云われている。

現状では、原則としてアセトアミノフェンと云う薬以外は解熱剤としては使用しない事に為ってる。
解熱剤をもらった時は、絶対に薬の名前もしくは名称を確認して使用するようにすべきだろう。
また、大人や上の子供の解熱剤を自身の決断で使用する事も避けよう。

インフルエンザ脳症を防ぐ為には、こうした薬の確認、また、インフルエンザの予防接種が肝心である。
肝心な子供の命を守ってあげて欲しい。



01/26|日記||TOP↑
子供の目の病気で一番少なくないのが「結膜炎」である。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る任務をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分類される。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

症状は2、3日で落ち着くが、熱は1週間レベルつづくるのだ。2日目までは熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がると云った2山のパターンが少なくないのも特徴点的である。
インフルエンザの方が症状が重くなり、合併症を生じさせると事もある為、インフルエンザが怪しまれるケースの場合は、すぐに医療機関を検診すべきだろう。




01/24|日記||TOP↑
はしかは感染力が途方もなくつよく、かかると重傷化する事のある、ちっぽけな子供がかかると懸念な病気の1つである。

潜伏期間は10から12日で、咳やくしゃみ等の飛沫感染が主であるが、空気感染する事もあるので人ごみ等でも簡単に感染してしまう。

流行する型はハッキリ把握出きる事が出きないのに、予防接種は効果的なの?と疑惑におもう人もいるかとおもうが、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予測して造られている為、現実の型と合致しなくても症状を軽くする効果が有る。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではなく、感染してもおもったより軽く済む事が少なくない為、殊更に接種する必要はないかとおもう。

13才までの子供は、ワクチンを2回接種しておく必要が有る。ワクチン接種後、2週間したら効果が現れてくる為、2回目の接種は12月上旬までには済ませておいた方が良いのである。接種間隔は3週間か4週間が効果的である為、1回目は11月中に済ませておこう。
シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してくのである。
人気のある病院等は、すぐに予約が一杯に成る為、接種を考慮しているケースの場合は早目の予約がお勧めである。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



01/22|日記||TOP↑
中耳炎には多種多様な種類が有るが、子供の難聴の原因となる1番おおくの病気が滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と云うものである。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔と云う部分に滲出液と云う液体がたまる病気である。3才から10才ごろの子供と老人におおくみられる病気で、鼓膜のすぐ内部にうみがたまる急性中耳炎とちがい、痛みや高熱がないのが特徴点的である。
鼓膜のふるえが鈍くなる為、耳の中がつまったように聴こえにくくなるが、子供は少しくらい難聴では自身から訴えてくる事が多くはない為、発見が遅くなりがちである。
後ろからよんでも返事をしなかったり、テレビの音を大幅にして観たりしているケースの場合は注意が必要である。

症状は、発熱やせきであるが、他の肺炎と比較すると軽症で済むと思う。
発熱は高熱が1週間近くでるケースの場合も有るが、発熱しないケースの場合も有る。
せきは長くつづくるのだ。初めは乾いたせきであるが、次第にたんが絡んだせきに変わっていくのだ。
くしゃみや咳で感染する為、園や学校等で流行したり、家族の間でも感染したりしやすい為、手洗いやうがいをして予防すべきだろう。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



01/20|日記||TOP↑
「水ぼうそう」は、子供の病気の中でも途方もなく感染力がつよい病気で、肌が接触したり、水ぼうそうにかかってる子供とすれちがったりしただけでも感染してしまうほどである。
生後間もない赤ちゃんにもうつる可能性が在り、兄弟や姉妹の間では、まず感染すると考慮して良いだろう。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗布したり、水ぶくれをガーゼで覆ったりする。このガーセで覆う仕事は、ヶ所が少なくないと途方もなくたいへのである。殊更に乳児のケースの場合は、じっとしていてくれないし、幼児にとってもガーゼをはっておく事は苦痛である。とびひは拡大してしまう前の早目の治療が肝心である。

抗生物質の内服も必要である。
塗り薬だけでは治らない為、ガッツリと飲ませよう。
数日すると乾燥してくが、治ったからと云って、あまり早く内服を中止すると再発するケースの場合が有る。最低1週間から10日以上は続けよう。

衣服をゆるめてやり、出きれば腹式呼吸でゆっくり深呼吸させる。
腹式呼吸が上手く出きない時は、背中や腰をさすってあげて、呼吸を整えさせてあげよう。

それでも発作がおさまらない時は、すぐに病院を検診して欲しい。



01/18|日記||TOP↑
子供の喘息の数は年々増大しており、発作を起こすと呼吸困難に成る事も在り、気を付けておきたい病気の1つである。

子供の喘息の原因の殆どはアレルギーによる為、ハウスダストやカビ、ペットの毛、花粉等に対するアレルギーが有るが、これらに接触した時に毎回発作がおきるとは限らない。
その時の子供の体調や環境に拠って、発作がおきやすい環境が有る。

風邪のウィルスは、250種類以上もある為、1度風邪にかかっても、またちがったウィルスに感染すれば何回でもひいてしまう。
赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母様の免疫がある為に、風邪をひきにくいのであるが、絶対にひかないと云う訳でもないのだ。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいる。高熱が出たケースの場合は注意が必要であるが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と懸念する必要はないのだ。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのである。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなるが、解熱剤は熱が38.5分以上あり元気がない時のみ使用するようにすべきだろう。インフルエンザウィルスは熱が高い時におおく死滅する。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまう。解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用すべきだろう。平熱まで下げるのは良くないのだ。解熱剤が効きすぎているケースの場合は、次に使用する時は量を減らしてアレンジするようにすべきだろう。
解熱剤はできる限り使用しないほうが良い薬、と考慮しておいた方が良いのである。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



01/17|日記||TOP↑
子供にとって恐ろしい病気であるインフルエンザであるが、近頃ではその特効薬とされる「タミフル」をめぐって多種多様な意見が在り、現実に子供に服用させて良いのか、懸念におもってしまう。

おむつかぶれも、おおくみられる皮膚病である。
汚れたおむつを長期間当てたままにしておくと、おしりがかぶれて真っ赤に成る。おむつはこまめに取り替えて、おしりを清潔に、出きるだけ乾燥させた状態にしておく事を心がけよう。

通常では、4日から1週間レベルで回復する。
お家でのケアは、通常の風邪の時と同じである。咳が少なくない病気である為、水分をガッツリ与え、加湿器等を使用して喉の負担を少なくしてあげよう。
刺激のつよい食物は咳を誘発してしまうので敬遠した方が良いだろう。

であるが成人では、60から70%の人が抗体をもってると云われている。症状はなくても興味ないうちに免疫が出きていると云う人も少なくないと云うわけである。であるからそれほど懸念する必要はないかも知れないが、自身が抗体をもってるか、ハッキリ把握出きる事が出きない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかってる子供と接触したりしたケースの場合は、産婦人科で対話するようにして欲しい。



01/16|日記||TOP↑
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

家庭での予防法としては、水分をおおくとる事、おしっこをガマンさせない事、等が有る。
女の子は、排尿後のふき方も気を付けよう。
絶対に前から後ろへ、菌を入れないように、と云う気持ちで綺麗にしてあげる事が肝心である。



01/15|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.