FC2ブログ
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

赤ちゃんがかかる事は少なく、幼児から小学生くらいの子供の間で流行する病気である。
症状は、喉の痛みと38度以上の高熱で、通常の風邪のような咳や鼻水等はないのだ。喉が真っ赤にはれて、1、2日たつと、全身に赤い発疹がでてくのである。舌にも発疹ができ、いちごのように赤くなるのが特徴点的である。

以前は「猩紅(しょうこう)熱」と呼ばれ、伝染病の扱いをされていた病気であるが、現状では抗生物質が開発されて薬で治るようになった為、このような扱いはされなく成った。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗布したり、水ぶくれをガーゼで覆ったりする。このガーセで覆う仕事は、ヶ所が少なくないと途方もなくたいへのである。殊更に乳児のケースの場合は、じっとしていてくれないし、幼児にとってもガーゼをはっておく事は苦痛である。とびひは拡大してしまう前の早目の治療が肝心である。

抗生物質の内服も必要である。
塗り薬だけでは治らない為、ガッツリと飲ませよう。
数日すると乾燥してくが、治ったからと云って、あまり早く内服を中止すると再発するケースの場合が有る。最低1週間から10日以上は続けよう。

治療方法としては、特別な事はないのだ。
はれているところを痛がってるなら、濡れタオルで冷やしたり、冷湿布をしてあげたりすると痛みが少しは静まる。
あごをシフトさせると痛い為、食事はできる限りかまずに呑みこめるものが良いのである。
ゼリーやプリン等、やわらかくて消化の良いものをあたえるようにすべきだろう。

やっぱり合併症が懸念される病気である為、予防接種しておく事をお勧めする。
接種してもかかってしまうケースの場合も有るが、症状は軽く済むと思う。
1才を過ぎれば接種する事が出きる為、早目に計画しておこう。



スポンサーサイト



05/06|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.