FC2ブログ
子供の病気には多種多様なものが有る。
未だに原因が解明されていない病気も在り、その中の1つに、「川崎病」と云う病気が有る。

発疹にかゆみを結びつく事が在り、かゆみがつよい時はかゆみ止めの薬を使用するが、それ以外に殊更に治療法はないのだ。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫である。
発疹がでて、りんご病だと把握できた時には、既に感染力はなく為ってる為、園や学校等も休む必要はないのだ。

急性中耳炎に成ると、まず耳を痛がり、熱がでる事も有る。
赤ちゃんのケースの場合は耳の痛みを訴える事が出きない為、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりする等、何時もと様子がちがうな?とおもったら中耳炎を怪しんでも良いかも知れない。
症状が進展すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれがでる事も在り、そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がるが、中耳炎が治った訳でもないので注意が必要である。

以上のような事柄を全て行ってる病院はなかなかどうしてないかも知れないが、患者(クランケ)の立場にたって、キッチリと配慮されている病院を選びたいものである。



スポンサーサイト



05/02|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.