FC2ブログ
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

風邪のウィルスは、250種類以上もある為、1度風邪にかかっても、またちがったウィルスに感染すれば何回でもひいてしまう。
赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母様の免疫がある為に、風邪をひきにくいのであるが、絶対にひかないと云う訳でもないのだ。産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいる。高熱が出たケースの場合は注意が必要であるが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と懸念する必要はないのだ。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのである。

急性中耳炎に成ると、まず耳を痛がり、熱がでる事も有る。
赤ちゃんのケースの場合は耳の痛みを訴える事が出きない為、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりする等、何時もと様子がちがうな?とおもったら中耳炎を怪しんでも良いかも知れない。
症状が進展すると、鼓膜が破れて黄色い耳だれがでる事も在り、そうなると耳の痛みがなくなって、熱も下がるが、中耳炎が治った訳でもないので注意が必要である。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



スポンサーサイト



04/29|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.