FC2ブログ
冬に少なくない子供の病気に、「クループ症候群」と云う病気が有る。
別名「急性喉頭炎」とも呼ばれ、 喉の奥の声帯のある部分が炎症を起こして腫れ、空気の通り道を塞いでしまう病気で、ウィルス性のものは生後6ヶ月から3才くらいの子供におおく、細菌性のものは、3才から6才くらいに子供に少なくない風潮が有る。ウィルス性のものの方が、軽症で済む事が少なくないようである。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みたいと思う。
38度から39度の熱がでる事も有る。
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってくのである。

13才までの子供は、ワクチンを2回接種しておく必要が有る。ワクチン接種後、2週間したら効果が現れてくる為、2回目の接種は12月上旬までには済ませておいた方が良いのである。接種間隔は3週間か4週間が効果的である為、1回目は11月中に済ませておこう。
シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してくのである。
人気のある病院等は、すぐに予約が一杯に成る為、接種を考慮しているケースの場合は早目の予約がお勧めである。

以上のような事柄を全て行ってる病院はなかなかどうしてないかも知れないが、患者(クランケ)の立場にたって、キッチリと配慮されている病院を選びたいものである。



スポンサーサイト



04/19|日記||TOP↑
鼓膜の内部の中耳の粘膜に細菌等が入り込んで炎症を起こす病気、「中耳炎」は、子供に少なくない耳の病気である。滲出性中耳炎や慢性中耳炎等が有るが、子供に少なくないのは「急性中耳炎」である。

子供に中耳炎が少なくない理由は、子供の耳の構造と関係している。
子供の耳管(耳と喉の境につながってる管)は細長くて、水平に近い状態に為ってる為、鼻や喉から細菌が入りやすく為ってるのである。

虫さされや湿疹、あせも、傷口等に黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染して、水ぶくれやかさぶたを作成する。
途方もなくかゆい為、かきむしってると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して次々に新しい水ぶくれをつくっていくのである。

虫刺されやあせもが出きやすく、湿疹が悪化しやすい夏に少なくない皮膚病であるが、近頃では1年を通してみられるように成った。

菌のついた手で他の子供に接触したり、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまう為、注意が必要である。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



04/19|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.