FC2ブログ
子供が発熱すると、まず風邪を怪しむとおもうが、鼻水やせき等、一般的な風邪の症状がない時の発熱は、尿路感染症を怪しむ必要が有る。

尿路感染症とは、尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道等に大腸菌等の細菌が感染して、炎症を起こす病気である。
炎症を起こした場所に拠って、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎等とよぶが、赤ちゃんのケースの場合は感染した場所を特定出きない事も少なくない為、纏めて(まとめて)尿路感染症とよんでいる。

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにして欲しい。

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合が有る。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合が有るので敬遠するようにして欲しい。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



スポンサーサイト



03/15|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.