FC2ブログ
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

冷たい食物や、空気も良くないのだ。喉に刺激をあたえないように注意してあげよう。
また、大泣きすると、喉の安静をキープする事ができずに症状が悪化しまうケースの場合もある為、出きるだけ安静をキープする事が出きるように気を付けて欲しい。



スポンサーサイト



03/14|日記||TOP↑
子供の目の病気で一番少なくないのが「結膜炎」である。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る任務をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分類される。

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにして欲しい。

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合が有る。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合が有るので敬遠するようにして欲しい。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



03/14|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.