FC2ブログ
肺炎は、息を吸った時に肺炎の菌が気管支の先端の肺胞にまで到達して、炎症を起こしてしまった状態の事をいう。
老人がかかると、死に至る事のある恐ろしい病気であるが、ちっぽけな子供がかかった時も注意が必要である。

「肺炎」には、細菌性のものやウイルス性のもの等、多種多様な種類が有るが、子供に少なくない肺炎は「マイコプラズマ肺炎」である。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエと云う病原体に感染する事で生じる肺炎で5歳から10歳の子供におおくみられる。

メインの症状は発熱と嘔吐と下痢である。
熱は発症してから半日から1日レベルで下がるが、嘔吐は2日レベル、下痢は1週間ほどつづくるのだ。
1日に5、6回ほど激しく吐いたり、お米のとぎ汁のような白っぽい下痢便が出たりするのが特徴点的である。
便は1日に10回以上もでる事が在り、ぐったりして元気がなくなったり、脱水症状を起こしたりする事もあるので注意が必要である。

13才までの子供は、ワクチンを2回接種しておく必要が有る。ワクチン接種後、2週間したら効果が現れてくる為、2回目の接種は12月上旬までには済ませておいた方が良いのである。接種間隔は3週間か4週間が効果的である為、1回目は11月中に済ませておこう。
シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してくのである。
人気のある病院等は、すぐに予約が一杯に成る為、接種を考慮しているケースの場合は早目の予約がお勧めである。

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



スポンサーサイト
03/31|日記||TOP↑
子供の喘息は、発作がおきると途方もなく苦しそうで、お父様やお母様は、本当に懸念である。
何とかしてなおしてあげたい、とおもうが、スイミングに通わせている、と云う人も少なくないのじゃないだろうか。
「喘息には水泳が良い」とはよく聴くるのだ。どうして水泳が良いのだろう。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

お部屋を温かくして、湿度を上げる事も肝心である。
ウィルスを死滅させるのにベストな温度は20度から24度、湿度は60から70%である。
加湿器を使用しても良いのであるが、霧吹きスプレーで水を噴霧してやっても良いのである。
また、濡れタオルをお部屋に干しておいても効果的である。タオルを3枚くらい干しておくと湿度が50%レベルに成ると云われている。簡単に出きて良い方法である。

症状としては、目やにや涙がおおくでるようになり、まぶたの裏に出きる小水疱の為に目をシフトさせた時に、ゴロゴロした異和感をおぼえるのが特徴点的である。
患者(クランケ)の目やにや鼻水、便等からも感染する為、目やにを拭いたティッシュペーパー等はすぐに捨てるようにして、タオルや枕カバー等はガッツリと消毒して予防すべきだろう。



03/30|日記||TOP↑
りんご病は、ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスの感染による病気で、個人差は有るが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前もしくは名称が付きた。
初夏から秋にかけて、5才から9才の子供がかかりやすい病気であるが、大人になってからでもかかる事も有る。

潜伏期間は約1週間である。其の後、軽い発熱や倦怠感、筋肉痛等が生じる事が有る。風邪かな?と実感する事がおおく、この時点ではりんご病とは気付かないのであるが、実はこの時期が感染力が1番つよい時期であるためす。

其の後、両頬にりんごのように赤い発疹がでてくのである。発疹は腕や足にも出はじめて、レース状や網目状に成る。其の後、1、2週間で発疹は治まってくのである。

流行する型はハッキリ把握出きる事が出きないのに、予防接種は効果的なの?と疑惑におもう人もいるかとおもうが、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予測して造られている為、現実の型と合致しなくても症状を軽くする効果が有る。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではなく、感染してもおもったより軽く済む事が少なくない為、殊更に接種する必要はないかとおもう。

お家でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗布するレベルである。
かきむしって水ぶくれをこわさないように、つめは短く切っておこう。

水ぼうそうにかかった子供と接触したら、3日以内にワクチンを接種すれば発症の予防や症状を軽くする事が出きるそうである。
また、症状がでて2日以内のケースの場合なら、ウィルスに対する薬を呑み込む事で症状が軽くなる事もあるそうである為、ドクターと対話してみるべきだ。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



03/29|日記||TOP↑
子供がかかりやすい代表的な夏風邪と云えば、「ヘルパンギーナ」である。
1才前後から10才までのちっぽけな子供におおくみられる病気で、4才までに70%もの子供が感染すると云われている。殆どはエンテロウィルスの飛沫感染によるものであるが、流行性のものは、A群コクサッキーウイルスによるものである。

虫さされや湿疹、あせも、傷口等に黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染して、水ぶくれやかさぶたを作成する。
途方もなくかゆい為、かきむしってると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して次々に新しい水ぶくれをつくっていくのである。

虫刺されやあせもが出きやすく、湿疹が悪化しやすい夏に少なくない皮膚病であるが、近頃では1年を通してみられるように成った。

菌のついた手で他の子供に接触したり、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまう為、注意が必要である。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

発熱してから2、3日までが一番感染しやすい時期である為、兄弟がいるケースの場合等、周囲の人は注意が必要である。予防為に、手洗いをガッツリと行うべきだ。患者のタオルは別にしておいた方が良いのである。
患者の便には、感染してから1ヶ月ほどウィルスがでている可能性が有る。
治ってからも暫く(しばらく)の間は、おむつ交換の時等、手に接触した後はガッツリと手洗いをしておく必要が有る。



03/28|日記||TOP↑
りんご病は、ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスの感染による病気で、個人差は有るが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前もしくは名称が付きた。
初夏から秋にかけて、5才から9才の子供がかかりやすい病気であるが、大人になってからでもかかる事も有る。

潜伏期間は約1週間である。其の後、軽い発熱や倦怠感、筋肉痛等が生じる事が有る。風邪かな?と実感する事がおおく、この時点ではりんご病とは気付かないのであるが、実はこの時期が感染力が1番つよい時期であるためす。

其の後、両頬にりんごのように赤い発疹がでてくのである。発疹は腕や足にも出はじめて、レース状や網目状に成る。其の後、1、2週間で発疹は治まってくのである。

インフルエンザにかかって48時間以内にタミフルを服用すると、症状が軽く済み、回復が早いと云われている。
しかし子供が突如死したり、異常行動が生じたりと、タミフルの安全性が疑惑視されるようになり、2007年3月、タミフルの使用中止を求める声が出はじめた。

それに対し、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザの感染による為、肺や気管支等の呼吸器の病気である。空気感染である為、感染力がつよいのも特徴点的である。
潜伏期間は1から3日レベルで、突如に38度以上の高熱がでて、寒気や筋肉痛、全身の倦怠感等を結びつく為、子供は不機嫌になったり急にぐったりしたりしてしまう。
全身症状が出た後に咳や鼻水の症状がでる事がおおく、鼻水は黄色や緑色で濁った色をしている。

熱が高くて懸念な時は、解熱剤より、まず初めはクーリングをしてみるべきだ。
クーリングとは、体の一部を部分的に冷やしてやる事で、熱を下げるには大きめのアイスノンや保冷剤で脇の下や足の付け根を部分的に冷やしてやると効果的である。
市販されている冷えピタでおでこを冷やしている人も少なくないのであるが、これは冷たくて気持ちが良いだけで、体の熱を下げる効果は殆どないのだ。
太い血管のある脇の下や足の付け根、背中等を中心に冷やしてみるべきだ。



03/27|日記||TOP↑
りんご病は、ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスの感染による病気で、個人差は有るが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前もしくは名称が付きた。
初夏から秋にかけて、5才から9才の子供がかかりやすい病気であるが、大人になってからでもかかる事も有る。

潜伏期間は約1週間である。其の後、軽い発熱や倦怠感、筋肉痛等が生じる事が有る。風邪かな?と実感する事がおおく、この時点ではりんご病とは気付かないのであるが、実はこの時期が感染力が1番つよい時期であるためす。

其の後、両頬にりんごのように赤い発疹がでてくのである。発疹は腕や足にも出はじめて、レース状や網目状に成る。其の後、1、2週間で発疹は治まってくのである。

であるが、他の病気の感染を恐れて病院に足を運ばないなんて事は出きないのである。
病院に足を運ぶ時には出きる限り自衛するようにすべきだろう。
簡単に出きる事には、以下のような事が有る。
・マスクをする
・お茶やあめ等を持参して、喉を潤しておく
・病院に置いてある雑誌や、ぬいぐるみ等のおもちゃには接触しない
・ウェットティッシュや、濡れタオル等を持参して、手をよく拭くようにする

それに対し、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザの感染による為、肺や気管支等の呼吸器の病気である。空気感染である為、感染力がつよいのも特徴点的である。
潜伏期間は1から3日レベルで、突如に38度以上の高熱がでて、寒気や筋肉痛、全身の倦怠感等を結びつく為、子供は不機嫌になったり急にぐったりしたりしてしまう。
全身症状が出た後に咳や鼻水の症状がでる事がおおく、鼻水は黄色や緑色で濁った色をしている。

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



03/26|日記||TOP↑
子供の目の病気で一番少なくないのが「結膜炎」である。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る任務をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分類される。

であるが、他の病気の感染を恐れて病院に足を運ばないなんて事は出きないのである。
病院に足を運ぶ時には出きる限り自衛するようにすべきだろう。
簡単に出きる事には、以下のような事が有る。
・マスクをする
・お茶やあめ等を持参して、喉を潤しておく
・病院に置いてある雑誌や、ぬいぐるみ等のおもちゃには接触しない
・ウェットティッシュや、濡れタオル等を持参して、手をよく拭くようにする

始まりのころに軽い発熱や、喉に痛みがある時が在り、その為に食欲が落ちてしまう事も有るが、特別に治療をしなくても、自然に治る病気である。
発疹がある為に、他のお母様の目が気に成るかも知れないが、子供が元気ならば園や学校を休ませる必要はないのだ。

原因が把握できたら、それを除去してやる事で、症状を軽くし、発作の回数を消耗させる事が出きる。ほこりやダニの原因となるじゅうたんを除去したり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応しているケースの場合は、ペットを飼う事を控えたりと、出きる限りの事をして喘息に対処すべきだろう。



03/25|日記||TOP↑
中耳炎には多種多様な種類が有るが、子供の難聴の原因となる1番おおくの病気が滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と云うものである。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔と云う部分に滲出液と云う液体がたまる病気である。3才から10才ごろの子供と老人におおくみられる病気で、鼓膜のすぐ内部にうみがたまる急性中耳炎とちがい、痛みや高熱がないのが特徴点的である。
鼓膜のふるえが鈍くなる為、耳の中がつまったように聴こえにくくなるが、子供は少しくらい難聴では自身から訴えてくる事が多くはない為、発見が遅くなりがちである。
後ろからよんでも返事をしなかったり、テレビの音を大幅にして観たりしているケースの場合は注意が必要である。

発疹にかゆみを結びつく事が在り、かゆみがつよい時はかゆみ止めの薬を使用するが、それ以外に殊更に治療法はないのだ。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫である。
発疹がでて、りんご病だと把握できた時には、既に感染力はなく為ってる為、園や学校等も休む必要はないのだ。

流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼称される為、感染力が途方もなくつよい病気である。流行性結膜炎と診察されたケースの場合は、園や学校を休ませる必要が有る。大人も感染する事がある為、家族全員がかかってしまうケースの場合も有る。赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、重傷の結膜炎に成るので注意が必要である。

であるが成人では、60から70%の人が抗体をもってると云われている。症状はなくても興味ないうちに免疫が出きていると云う人も少なくないと云うわけである。であるからそれほど懸念する必要はないかも知れないが、自身が抗体をもってるか、ハッキリ把握出きる事が出きない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかってる子供と接触したりしたケースの場合は、産婦人科で対話するようにして欲しい。



03/24|日記||TOP↑
子供が突如意識障害を起こしたり、痙攣をしたりする病気に脳炎や脳症が有る。
インフルエンザに感染した後にかかる事もおおく、インフルエンザ脳症は、毎年数百人の子供が発病し、死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にのぼる等、途方もなく恐ろしい病気である。

水泳の良いところは、やっぱり体が鍛え上げられると云う点である。
水の中で歩くだけでも、充分に全身運動に成ると云われている。
殊更に、運動した後に喘息の発作が生じやすい運動誘発喘息の子供には、体を鍛え上げておく事は肝心である。運動して筋力をアップさせておけば、発作の回数を少なくし、発作がおきても軽症に済ませる事が出きる。

始まりのころに軽い発熱や、喉に痛みがある時が在り、その為に食欲が落ちてしまう事も有るが、特別に治療をしなくても、自然に治る病気である。
発疹がある為に、他のお母様の目が気に成るかも知れないが、子供が元気ならば園や学校を休ませる必要はないのだ。

現状では、原則としてアセトアミノフェンと云う薬以外は解熱剤としては使用しない事に為ってる。
解熱剤をもらった時は、絶対に薬の名前もしくは名称を確認して使用するようにすべきだろう。
また、大人や上の子供の解熱剤を自身の決断で使用する事も避けよう。

インフルエンザ脳症を防ぐ為には、こうした薬の確認、また、インフルエンザの予防接種が肝心である。
肝心な子供の命を守ってあげて欲しい。



03/23|日記||TOP↑
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症する事がおおく、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走る、等の意識障害が起こり、痙攣を結びつくケースの場合も有る。熱性けいれんや高熱時のうわごと等との分類が付けにくいのであるが、症状の重さや持続時間等で分類されている。
回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまう事が在り、恐い病気であるが、現状の段階では根本的な治療法はない、と云うのが実情である。

子供の喘息は大人のものとは病態がちがい、その原因の殆どはアレルギーによるものである。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食物、動物の毛等にアレルギー反応を示している子供がおおく、喘息の症状が生じた時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どんなものにアレルギー反応があるのかを吟味する必要が有る。

通常は1週間から10日くらいで治り、重傷に成る事もなく合併症も殆どない病気であるためすが、まれに髄膜炎を結びつく事が在り、このケースの場合は入院が必要に成る。
また、ごくまれであるが、急性脳炎等を生じさせて他界するケースの場合も有る。
高熱や嘔吐、頭痛を訴えている時は、早目に診察を受けるようにすべきだろう。



03/22|日記||TOP↑
鼓膜の内部の中耳の粘膜に細菌等が入り込んで炎症を起こす病気、「中耳炎」は、子供に少なくない耳の病気である。滲出性中耳炎や慢性中耳炎等が有るが、子供に少なくないのは「急性中耳炎」である。

子供に中耳炎が少なくない理由は、子供の耳の構造と関係している。
子供の耳管(耳と喉の境につながってる管)は細長くて、水平に近い状態に為ってる為、鼻や喉から細菌が入りやすく為ってるのである。

また、急性中耳炎にかかった事のある子供も注意が必要である。
滲出性中耳炎に成る理由には多種多様な事が考慮されるが、急性中耳炎が治りきらずに、うみが滲出液となって鼓膜の内部に残ってしまう理由が一番少なくないのである。

それに対し、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザの感染による為、肺や気管支等の呼吸器の病気である。空気感染である為、感染力がつよいのも特徴点的である。
潜伏期間は1から3日レベルで、突如に38度以上の高熱がでて、寒気や筋肉痛、全身の倦怠感等を結びつく為、子供は不機嫌になったり急にぐったりしたりしてしまう。
全身症状が出た後に咳や鼻水の症状がでる事がおおく、鼻水は黄色や緑色で濁った色をしている。

発熱してから2、3日までが一番感染しやすい時期である為、兄弟がいるケースの場合等、周囲の人は注意が必要である。予防為に、手洗いをガッツリと行うべきだ。患者のタオルは別にしておいた方が良いのである。
患者の便には、感染してから1ヶ月ほどウィルスがでている可能性が有る。
治ってからも暫く(しばらく)の間は、おむつ交換の時等、手に接触した後はガッツリと手洗いをしておく必要が有る。



03/21|日記||TOP↑
子供がかかりやすい夏風邪には多種多様なものが有るが、その中の1つに「手足口病」と云う病気が有る。
手足口病の原因となるウィルスは1種類ではなく、コクサッキーA郡ウィルスや、エンテロウィルス等、複数のウィルスが有る。この為、1度だけでなく、何回も感染してしまう事がある病気である。
10歳以下の乳幼児や小児によくみられる病気であるが、大人でも感染する事が有る。

初めは通常の風邪のような症状である。発熱や咳、鼻水等が2、3日つづいた後、犬がほえるような「バウバウ」と云う咳がでるようになり、声が枯れてくのである。
酷く(ひどく)なってくると、首の下や胸がへこんでしまうほど、苦しい呼吸困難な状態に成る。殊更に夜に悪化する風潮がある為、クループ症候群に感染している時は、夜間でもすぐに病院に足を運べるように注意しておこう。
窒息してしまう事もある為、様子がおかしいな、とおもったらすぐに検診するようにして欲しい。

下痢をしている時は、殊更におむつかぶれになりやすいので注意が必要である。
汚れが広範囲にわたり、度重なる排便の為に、おしりの皮膚は常に刺激されている状態に成る。
市販のおしりふきではなく、出きるだけぬるま湯やオリーブオイルをコットンに染みこませた為、ふき取るようにすべきだろう。たいへのであるが、シャワー等で洗浄してあげるようにするとより効果的である。

であるが成人では、60から70%の人が抗体をもってると云われている。症状はなくても興味ないうちに免疫が出きていると云う人も少なくないと云うわけである。であるからそれほど懸念する必要はないかも知れないが、自身が抗体をもってるか、ハッキリ把握出きる事が出きない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかってる子供と接触したりしたケースの場合は、産婦人科で対話するようにして欲しい。



03/20|日記||TOP↑
子供の喘息は、発作がおきると途方もなく苦しそうで、お父様やお母様は、本当に懸念である。
何とかしてなおしてあげたい、とおもうが、スイミングに通わせている、と云う人も少なくないのじゃないだろうか。
「喘息には水泳が良い」とはよく聴くるのだ。どうして水泳が良いのだろう。

発疹にかゆみを結びつく事が在り、かゆみがつよい時はかゆみ止めの薬を使用するが、それ以外に殊更に治療法はないのだ。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫である。
発疹がでて、りんご病だと把握できた時には、既に感染力はなく為ってる為、園や学校等も休む必要はないのだ。

症状としては、以下のような事が有る。
・39度以上の高熱が5日以上つづく
・体のあちこちに発疹がでる
・手や足がパンパンにはれる
・白目が充血する
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツが出きる
・首のリンパ節がはれて、接触すると痛がる

これらの症状は、通常1、2週間で治まり、次に手足の指の皮がむけてくのである。
注意したいのは後遺症で、心臓に障害が残ってしまうケースの場合があったり、ごくまれに心臓冠状動脈瘤がおきて、突如死してしまったりするケースの場合があったりする。
入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐ為にアスピリン等を服用する必要が有る。

原因が把握できたら、それを除去してやる事で、症状を軽くし、発作の回数を消耗させる事が出きる。ほこりやダニの原因となるじゅうたんを除去したり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応しているケースの場合は、ペットを飼う事を控えたりと、出きる限りの事をして喘息に対処すべきだろう。



03/19|日記||TOP↑
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

症状としてはくしゃみや鼻水、せき等が在り、熱も出るが、通常は3、4日で熱は下がって、1週間もすれば症状は良くなる。
38度以上の熱が4日以上つづくケースの場合は、風邪以外の病気も疑惑、絶対に検診すべきだろう。

ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」に拠ってうつる。咳やくしゃみで簡単にうつってしまう為、風邪が流行ってる時期は、人が集まる場所を敬遠する事が1番の予防法に成る。

1日の中で1番風邪を引きやすいのは夜中である。
朝子供がおきてきたら、急に体調が変化していた、なんて事は良く有る。
夜中(2時から4時頃)は、体が乾燥してウィルスが増殖しやすい時間であるためす。
寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと効果的である。
目が覚めたら水分をとれるように、枕元にお水等を置いておいても良いのである。

毎日の少しばっかりの事で、簡単に出きる予防法。
子供と一緒にパパやママもガッツリやっておき、風邪の季節も楽しく過ごせるようにすべきだろう。



03/18|日記||TOP↑
子供がかかりやすい代表的な夏風邪と云えば、「ヘルパンギーナ」である。
1才前後から10才までのちっぽけな子供におおくみられる病気で、4才までに70%もの子供が感染すると云われている。殆どはエンテロウィルスの飛沫感染によるものであるが、流行性のものは、A群コクサッキーウイルスによるものである。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みたいと思う。
38度から39度の熱がでる事も有る。
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってくのである。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



03/17|日記||TOP↑
子供にとって、1番身近な病気と云えば「風邪」である。
「風邪」と呼称されるものは、殆どが、鼻や喉にウィルスが感染して炎症を起こしている状態の事を云う。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

症状としては、以下のような事が有る。
・39度以上の高熱が5日以上つづく
・体のあちこちに発疹がでる
・手や足がパンパンにはれる
・白目が充血する
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツが出きる
・首のリンパ節がはれて、接触すると痛がる

これらの症状は、通常1、2週間で治まり、次に手足の指の皮がむけてくのである。
注意したいのは後遺症で、心臓に障害が残ってしまうケースの場合があったり、ごくまれに心臓冠状動脈瘤がおきて、突如死してしまったりするケースの場合があったりする。
入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐ為にアスピリン等を服用する必要が有る。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



03/16|日記||TOP↑
子供が発熱すると、まず風邪を怪しむとおもうが、鼻水やせき等、一般的な風邪の症状がない時の発熱は、尿路感染症を怪しむ必要が有る。

尿路感染症とは、尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道等に大腸菌等の細菌が感染して、炎症を起こす病気である。
炎症を起こした場所に拠って、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎等とよぶが、赤ちゃんのケースの場合は感染した場所を特定出きない事も少なくない為、纏めて(まとめて)尿路感染症とよんでいる。

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにして欲しい。

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合が有る。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合が有るので敬遠するようにして欲しい。

病院を選定する時にも注意してみるべきだ。
・待合室やトイレ、診察室等の清掃がキッチリと行き届いている
・空気清浄機を使用している
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザ等の感染症だとおもわれる患者(クランケ)は別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使用出きる給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を解放してキッチリと換気を行ってる

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



03/15|日記||TOP↑
子供の皮膚病には多種多様なものが有るが、その中でもこわい病気に「とびひ」が有る。
とびひはとっても感染力がつよく、放置しておくと家事の飛び火のように、あっと云う間に体のあちこちに拡大してしまうので「とびひ」と呼称されている。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

殊更に懸念する必要のない病気だとおもわれるりんご病であるが、妊婦さんには注意が必要である。ヒトパルボウイルスB19と云うウイルスは、赤血球を作成する細胞を壊す働きがあるのである。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因に成る事も有る。

冷たい食物や、空気も良くないのだ。喉に刺激をあたえないように注意してあげよう。
また、大泣きすると、喉の安静をキープする事ができずに症状が悪化しまうケースの場合もある為、出きるだけ安静をキープする事が出きるように気を付けて欲しい。



03/14|日記||TOP↑
子供の目の病気で一番少なくないのが「結膜炎」である。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る任務をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分類される。

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにして欲しい。

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合が有る。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合が有るので敬遠するようにして欲しい。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

運動は水泳に限らず、子供の成長にとって肝心な事である。
運動して体力をつければ、気持ちも前向きに、何事にも挑戦出きる気持ちが所有可能に成る。
「喘息には水泳」と直接結びつけて考慮するのではなく、心理的にも肉体的にも良い、喘息改善のための1つの手段として考慮してみて欲しい。



03/14|日記||TOP↑
「腸重積」と云う病気を気付いているだろうか?
生後4ヶ月から2歳ごろまでの子供に少なくない病気で、原因はよく把握できていないが、腸重責を起こした子供からは、風邪の症状を起こすアデノウィルスや、下痢の原因に成るロタウィルス等が検出される事がある為、ウィルス感染が原因じゃないかと考慮されている。
突如に腸の一部が腸の中に入り込んでしまい、めり込んだ腸が締め付けられて、通過障害や血行障害を起こす病気である。時間がたつと、その部分が壊死を起こしてしまう。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症する事がおおく、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走る、等の意識障害が起こり、痙攣を結びつくケースの場合も有る。熱性けいれんや高熱時のうわごと等との分類が付けにくいのであるが、症状の重さや持続時間等で分類されている。
回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまう事が在り、恐い病気であるが、現状の段階では根本的な治療法はない、と云うのが実情である。

こわいのは合併症で、無菌性髄膜炎や難聴等に成る事も有る。
また、思春期以降にかかると、男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を起こす事が有る。
不妊の懸念がされる病気とおもってる人も少なくないとおもうが、通常は片方だけの炎症である為、不妊症の懸念はないのだ。

予防接種は、子供だけでなくママとパパもしておこう。
子供だけ、と云う家庭も少なくないようであるが、インフルエンザはママやパパも感染する事が少なくない病気である。殊更に、赤ちゃんが1才未満だったり、1才以上でも重い卵アレルギーがあったりする子供は予防接種を受ける事が出きない為、このようなケースの場合は、パパやママもガッツリ接種しておいて欲しい。



03/04|日記||TOP↑
子供の喘息は、発作がおきると途方もなく苦しそうで、お父様やお母様は、本当に懸念である。
何とかしてなおしてあげたい、とおもうが、スイミングに通わせている、と云う人も少なくないのじゃないだろうか。
「喘息には水泳が良い」とはよく聴くるのだ。どうして水泳が良いのだろう。

聴いた事もない、と云う人もいるのじゃないだろうか。
川崎病は、1967年、当時の日本赤十字病院の川崎富作ドクターが初めに報告した事からこの名前もしくは名称が付きた。
日本人や韓国人等、アジア系の人におおくみられる病気で、1才前後から5才頃までの子供におおく発症する。男の子の方がややおおく、再発する事も有る。他人に感染する病気じゃないのだ。

下痢をしている時は、殊更におむつかぶれになりやすいので注意が必要である。
汚れが広範囲にわたり、度重なる排便の為に、おしりの皮膚は常に刺激されている状態に成る。
市販のおしりふきではなく、出きるだけぬるま湯やオリーブオイルをコットンに染みこませた為、ふき取るようにすべきだろう。たいへのであるが、シャワー等で洗浄してあげるようにするとより効果的である。

であるが成人では、60から70%の人が抗体をもってると云われている。症状はなくても興味ないうちに免疫が出きていると云う人も少なくないと云うわけである。であるからそれほど懸念する必要はないかも知れないが、自身が抗体をもってるか、ハッキリ把握出きる事が出きない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかってる子供と接触したりしたケースの場合は、産婦人科で対話するようにして欲しい。



03/03|日記||TOP↑
毎年猛威を振るうインフルエンザ。子供をもつ親にとっては、冬は懸念な季節である。毎年数百人ものインフルエンザ脳症の報告も有る。インフルエンザの重傷化を防ぐ為には、予防接種が1番である。

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにして欲しい。

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合が有る。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合が有るので敬遠するようにして欲しい。

尿路感染症に為ってるケースの場合は、尿に相当の細菌や、白血球が見つかる。
原因となった近頃に効果のある抗生物質を使用して治療すれば、1週間以内には治まる。
であるが、尿路感染症に気付かずにいると、敗血症や髄膜炎と云った重傷の病気に成るケースの場合がある為、早期発見が肝心である。

健康な子供にとっては、水ぼうそうはそれほど恐ろしい病気じゃないのだ。
しかしながら、先天性の免疫不全の子供や、副腎皮質ホルモンや免疫制御剤を使用している子供のケースの場合は注意が必要である。
また、完治するまでに長期間かかる病気である為、夫婦で活動している人等、子供が長期間休む事に成ると困るケースの場合は、予防接種を受けておく事をお勧めする。



03/02|日記||TOP↑
子供の病気には多種多様なものが有る。
未だに原因が解明されていない病気も在り、その中の1つに、「川崎病」と云う病気が有る。

発熱や下痢の為に水分不足に成る為、水分補給は途方もなく肝心である。ナトリウム等の電解質を包括しているイオン水等をできる限りあたえるようにすべきだろう。
ビタミンCをとらせる事も肝心である。発症後にとらせると、回復が早くなる。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなるが、解熱剤は熱が38.5分以上あり元気がない時のみ使用するようにすべきだろう。インフルエンザウィルスは熱が高い時におおく死滅する。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまう。解熱剤はせいぜい1度くらい下げるつもりで使用すべきだろう。平熱まで下げるのは良くないのだ。解熱剤が効きすぎているケースの場合は、次に使用する時は量を減らしてアレンジするようにすべきだろう。
解熱剤はできる限り使用しないほうが良い薬、と考慮しておいた方が良いのである。

風邪には特別な治療法はないのだ。
殆どの風邪は、自然に治る為、部屋の室温や湿度を心地よくして、不快なく休ませてあげる事が肝心である。水分の補給も肝心である。離乳食の赤ちゃんは、無理つよいしないようにして、消化の良いものを与えるだろう。



03/01|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.