上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--|スポンサー広告||TOP↑
子供の病気には多種多様なものが有るが、毎年決定して流行する、気を付けなければいけない病気に「インフルエンザ」が有る。
ちっぽけな子供やお年寄りは、インフルエンザから命にかかわる病気に成る事もある為、注意が必要である。

インフルエンザと通常の風邪はどうちがうの?と疑惑におもう方もいるとおもうが、風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状等、大幅にちがう。

潜伏期間は10日から3週間レベルと云われているが、2週間前後である事が少なくないのである。
症状としては、37から38度の高熱がでる事が在り、同時に赤いちっぽけな発疹が出る。
発疹は、全身に拡大して、口の中にまででる事が有る。
初めはちっぽけな赤い発疹であるためすが、だんだん水ぶくれになり、つよいかゆみも有る。
水ぶくれは2から3日でしぼんでいき、黒ずんだかさぶたに成るが、次々に新しい発疹が出きる為、全ての発疹がかさぶたに成るまでは1、2週間レベルかかる。
かさぶたに成るまでは、他人に感染させてしまう可能性がある為、園や学校は休ませる必要が有る。

子供の喘息は大人のものとは病態がちがい、その原因の殆どはアレルギーによるものである。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食物、動物の毛等にアレルギー反応を示している子供がおおく、喘息の症状が生じた時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どんなものにアレルギー反応があるのかを吟味する必要が有る。

治療法としては、症状が軽い時は、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする。
鼓膜を切らずに中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味に成るケースの場合も有る為、早期発見、早期治療が肝心である。

また、再発しやすい病気である為、痛みがなくなったり耳だれがなくなったりしたからと云って、勝手に薬の服用をやめないようにして欲しい。
症状が治まっても、炎症はまだ残ってる為、完璧に治るまでは、絶対にドクターの指示通りに薬を服用させるようにして欲しい。



スポンサーサイト
02/06|日記||TOP↑
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入り
RSSリンクの表示
QRコード
QR


Copyright © カノンの永遠の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。